スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

ゴジラ映画その2

平成に年号が変わってから最初のゴジラ映画『ゴジラVSビオランテ』
ゴジラ(昭和59年度作品)の続編になります。
ゴジラVSビオランテゴジラVSビオランテ
(2008/04/25)
小高恵美田中好子

商品詳細を見る

ゴジラにより廃墟と化した新宿で回収されたゴジラの肉片『G細胞』。強大な生命力を持つこの細胞は各国で争奪戦が繰り広げられ。その一部を入手したサラジア共和国はG細胞を使い永遠に枯れる事の無い穀物の開発を白神源壱郎博士の手により進められていた。
しかし、それを快く思わない米国バイオメジャーは研究所を爆破。白神博士は娘 英理加をG細胞と共に失ってしまう。

5年後。ゴジラの活動を予知した日本政府はG細胞から造ることの出来る核物質を食べるバクテリア『抗核エネルギーバクテリア』の開発をG細胞を扱える唯一の人物白神博士に依頼。最初難色を示していた博士だが、一週間G細胞を預かる。という条件でバクテリアを完成させる。

数日後、芦ノ湖に巨大な植物が出現。それは白神博士が死んだ英理加の細胞と薔薇、そして永遠の生命力を持つG細胞を融合させた植物だった。

ほぼ同じ頃。首相官邸にバイオメジャーから核兵器の無力化し世界の均衡を崩す抗核エネルギーバクテリアの引渡しを要求する脅迫文が届く。応じぬ場合はゴジラを復活させる。と・・・。



ゴジラのデザインも一新されて。ゴジラ復活後最初の敵怪獣との戦いです。
その敵怪獣ビオランテの造形のインパクトは圧倒される美しさと巨大さです。そしてそれに負けないほどの自衛隊の格好良さは渋くてたまりません。
ゴジラの生命力の秘密のひとつであるG細胞や対ゴジラ超兵器スーパーX?なども登場し、その後のシリーズの基礎になっている映画です。

さてこのビオランテ。1/500スケールで立体化するとしてもかなりのデカブツ・・・造ることは出来るのか・・・(汗
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

14 : 07 : 30 | ゴジラ映画 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<ワンフェス直前 | ホーム | さてさて>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

WF2016[冬]カウントダウン

プロフィール

メイザ

Author:メイザ
世代としては純平成ゴジラ世代。 平成ゴジラ&ライバル怪獣をこよなく愛する秋田のゴジラ馬鹿。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。